おからパウダーはまずい?美味しく食べるため選び方とおすすめを紹介!

ダイエット

最近お腹が出てきて困っているアラフォー男子です。

歳をとると気になってくるのがお腹。
普段あんまり運動してないこともあって、やっぱり気になるんですよね。

ダイエットとかはしたことはあるんですけど、だいたい結果がでなくて途中でやめてしまいます。
テレビなんかでもよく〇〇ダイエットとかが紹介されたりしますが、
これもだいたい長続きしないんですよね。

そんなダイエット関連で最近話題になっているのが「おからパウダー」。
文字通り、おからを粉末にしたものですが、料理などに混ぜて食べるだけでダイエットできる!!と話題になっています。

ただ、こういう料理に混ぜて食べる系のダイエットって、
たいてい「まずい」んですよね。

こんなん食べるぐらいやったら太っててもいいわ!となるものもあります。

そこで、この「おからパウダー」の味は美味しいのかまずいのか、
そして、美味しく続けるためのおからパウダーの選び方について紹介します。

また、数多くある中から1つおすすめの商品を紹介します。

おからパウダーは興味あるけど、続けられるのかな?
と思っている人にとっては参考になるはずです。

スポンサーリンク

おからパウダーはまずい?

おからパウダーは、料理などに混ぜて食べるのですが、
こういう混ぜる系のもので一番気になるのが「」です。

過去にもこういったものが多くありましたが、
だいだい味がまずくて断念した、というものが多いようです。

では、おからパウダーはどうなのかというと、いろんな人の感想を調べてみたところ、
まずい」「美味しくない
という意見が結構あります。

https://twitter.com/Anneshanghai/status/1135543338034032643 https://twitter.com/vTZwW89TdIrOfnQ/status/1135458369001517056

ただ、美味しく食べられたという人もいるようで、
美味しいかまずいかは「どう料理するか」によって決まるようです。

https://twitter.com/ketoketo333/status/1135508810133434368 https://twitter.com/eclat_satomi_/status/1133888559931219968

適当に混ぜただけでは、ダメなようですね。

そして、さらに調べていると、
おからパウダーには種類がいくつかあるようで、
どれを選ぶかというのも味に関係してくるようです。

おからパウダーを続けられるポイントは、
・どう調理するか
・どの種類のおからパウダーを選ぶか
ですね。

スポンサーリンク

おからパウダーを美味しく食べる方法


おからパウダーですが、まずいと言っている人の原因は、
調理法・食べ方に問題があるようです。

ますい原因に、粉っぽいというのがありますが、
これも調理法でなんとかなります。

そこで、美味しく食べる方法を紹介します。

おからパウダーを美味しく食べる一番のポイントは、
他の料理に混ぜることです。

そして、できるだけおからパウダーが入っていることが分からないようにします。
おからパウダーが前面に出てくると、粉っぽくてまずくなってしまいます。

例えば、お菓子を作る場合は、小麦粉の代わりにおからパウダーを使うといいでしょう。
また、ハンバーグなどのつなぎをおからパウダーにするのもいいでしょう。

こういう使い方をすると、おからパウダーを美味しく食べられます。

それでも粉っぽい場合は、おからパウダーの量が多いのが原因のようです。
また、おからパウダーの粒子が荒いものを使うと粉っぽくなりますので、
粒子が細かいものを使うか、茶こしなどでふるって使うといいでしょう。

おからパウダーは、基本的に他の料理に混ぜて使いますので、
普段料理をあまりしないという人にはむいてないかもしれません。

コーヒーに混ぜて飲む方法もありますが、粉っぽさが出るので美味しくないようです。

スポンサーリンク

おからパウダーの種類と選び方

おからパウダーを買おうとしてネットなどで調べてみると、
かなりいろんな種類が出てきます。

正直、どれがいいのかよく分からないですよね。
おからパウダーっておからを粉末にしただけじゃないの?
と思いたくなりますが、いろいろ違いがあります。

種類もいろいろありますが、大きく分けると、
・業務用の激安おからパウダー
・糖質ゼロのおからパウダー
・味重視のおからパウダー
の3つに分類できます。

それぞれ、メリットデメリットがあるので、簡単に紹介します。

業務用のおからパウダーのメリットデメリット

文字通り、業務用のおからパウダーです。

特徴は、とにかく量が多いこと。
さらに、業務用ですのでコスパがかなりいいです。

メリットは、このコスパなのですが、
デメリットとしては、量が多すぎて賞味期限内に使い切れない、
というものがあります。

また、業務用のおからパウダーは、粒子が荒いものが多いようで、
それが美味しくない原因にもなっています。

まあ業務用ですので、普通の家庭で使うと絶対に余りますよね。

そして、これが重要な点なのですが、
味があんまり美味しくない
ものが多い傾向があります。

これでは、いくらコスパがよくても、
続かずに捨ててしまう未来が見えますね。

糖質ゼロのおからパウダーのメリットデメリット

おからパウダーはダイエット目的で使う場合が多いのですが、
この糖質ゼロのおからパウダーは、糖質制限する場合にも最適なおからパウダーです。

この糖質ゼロという点がメリットですね。

デメリットとしては、少し値段が高いこと、
糖質ゼロなので味に少しクセがあること
があります。

味は人によるところがあるので、食べてみて判断するしかないかもしれませんが、ダイエット目的としては、糖質制限もできるのがいい点です。

味重視のおからパウダーのメリットデメリット

最近では、おからパウダーにもいろんな種類が出てきたことで、
こういった味を重視したおからパウダーも発売されています。

普通に小麦粉の代わりとして使うだけで、十分美味しく食べられるようになっていて、調理法に悩む必要もなくなります。

ダイエットとしては、どれだけ続けられるかが重要なので、
美味しいというのはかなりのメリットになりますね。

ただ、デメリットとしては、他のものより値段が高い
という点になります。

おすすめのおからパウダー

ここまでおからパウダーの種類の説明をしましたが、
結局どのおからパウダーがいいの?という点については、
最後に紹介した「味重視のおからパウダー」になります。

コスパが少し悪いのが欠点ですが、まずは美味しく食べられないと、
続きませんので、最初に買うおからパウダーはこれがいいでしょう。

そして、個人的に総合的に判断したおすすめのおからパウダーを1つ紹介します。

おすすめの商品は「NICHIGA おからパウダー」です。

このおからパウダーは、通販のランキングでも上位になっている人気がある商品なのですが、一番の特徴は「超微粉」という点です。

おからパウダーでまずいと感じるのは、粉っぽいことが理由となる場合が多いのですが、このおからパウダーは粒子がかなり細かくなっています。

そのため、料理にもかなり使いやすく、粉っぽさもないので、美味しく食べられるようになっています。
また、超微粉なので溶けやすいのもいい点ですね。

味も変なクセや匂いもないので、小麦粉の代わりとして使ってもいいですし、コーヒーやヨーグルトに入れても問題なく食べられます。

まさに続けるのにはもってこいなおからパウダーとなっています。

>>おすすめのおからパウダーはこちら<<

ダイエットの成功のコツは続けることですが、これなら苦労せずに続けることができるはずです。

 

The following two tabs change content below.

kounak

昔からの生粋のゲーム好きのアラフォーです。新製品などの新しいもの好きでもあるので、最新の情報などもいろいろ気になっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました