Kindle unlimitedの解約方法は?アプリでの方法と解約後の裏技も紹介!

おすすめ本

最近ずっとKindle unlimitedで本を読んでいるアラフォー男子です。

Kindle unlimitedは月額制のサービスですが、
最近はこういったサブスク(サブスクリプションの略)が増えていますよね。

こんなサブスクに共通するのは、
解約しなければずっと課金され続ける
という点です。

だから、解約方法がどうなのか気になるので、
月額制にいまいち手が出ないという人もいるのではないでしょうか。

そのサービスをずっと利用しているのならいいのですが、
もう使っていないけど解約するのを忘れていた、
ということは結構あるようです。

そこで、Kindle unlimitedの解約方法を紹介します。
また、解約後にどうなるのかについてと、解約後に使える裏技も紹介します。

月額制サービスには、解約方法が分からず不安になる場合がありますので、
まだKindle unlimitedを利用していない人にも参考になるかと思います。

スポンサーリンク

Kindle unlimitedの解約方法について


まずは、PCやスマホのWEBブラウザから解約する方法を紹介します。

月額制サービスの中には、解約するのが難しいものが多いのですが、Kindle unlimitedはかなり簡単です。

では、解約方法を紹介します。

まずは、
Kindle Unlimited 解約ページ
にアクセスします。
(Amazonにログインした状態でアクセスしてください)

表示されたページで、
会員登録をキャンセル」を選択し、
メンバーシップを終了」を選択します。

これで解約完了です。
解約処理が完了すると、メールが届きます。

かなり簡単ですよね。
ポチポチとクリックするだけです。

変なページに飛ばされたり、理由を書かされたりなんて面倒なことはありません。
もう使わないからいいや、となったら気軽に解約できるようになっています。

また、Kindle unlimitedでは、解約しても月額制の更新日までは利用できます
(解約のページにいつまで利用できるか記載されています)
そのため、もし解約するのを忘れそうな場合は、思いついたときに解約処理をしておくといいでしょう。

アプリから解約する方法

スマホには「Amazonアプリ」があります。

このAmazonアプリからは解約できないという情報が流れているようですが、
アプリからでもちゃんと解約できます。

ただ、ちょっと分かりにくいので説明します。

アプリから解約するには、
・ホーム画面にある【≡】をタップ
・タップすると表示される「アカウントサービス」をタップ
・タップすると表示される「コンテンツと端末の管理」をタップ
・その画面で表示される【≡】をタップ
・タップすると表示される「設定」をタップ
・タップすると表示される「登録を管理」をタップ
・画面を下にスクロールしたところにある「Kindle Unlimitedの設定」の「登録を管理」をタップ
・「Kindle Unlimited会員登録をキャンセル」をタップ
・「メンバーシップを終了」をタップ
となっています。

うーん、ややこしい・・・。

これではアプリからは解約できないと思われても仕方ないですね。。

ざっくりまとめると、
ホーム→【≡】→【アカウントサービス】→【コンテンツと端末の管理】
【≡】→【設定】→【登録を管理】
下スクロール【Kindle Unlimitedの設定】の【登録を管理】→
【Kindle Unlimited会員登録をキャンセル】→【メンバーシップを終了】
となります。
(3段階ぐらいありますね・・・)

やっぱりWEBブラウザで解約したほうがよさそうです・・・。

スポンサーリンク

Kindle unlimitedの解約後はどうなる?

Kindle unlimitedを解約した後はどうなるのかを説明します。

Kindle unlimitedは、読みたい本を同時に最大10冊までKindleにダウンロードして読むことができます。
基本的には読み放題ですが、同時には10冊までなので、
さらに読みたい場合は、すでにダウンロードした本を消して入れ替える必要があります。

Kindle unlimitedを解約するとどうなるのかですが、
当然ながら新しくKindleにダウンロードすることはできません。

そして、「基本的には」Kindleにダウンロード済みの本も読めなくなります
(なぜ、基本的に、と書いたのかについては後で説明します)

まあ、これはこういったサービスなら普通のことですね。

スポンサーリンク

Kindle unlimited解約後でも本を読むための裏技

さきほど、
「基本的には」Kindleにダウンロード済みの本も読めなくなります
と書きましたが、実はKindle unlimited解約後も本を読む方法があります。

Kindle unlimitedでは、本を同時に最大10冊までKindleにダウンロードできます。

そのまま利用すると、解約後は本が読めなくなるのですが、
読むことができる方法があります。

それは、
オフラインにしておく(ネットワークにつながない)
という方法です。

Kindleはオフラインにも対応していることを使った裏技ですね。

ネットにつながった状態でKindleを利用すると、
契約状態をネットで確認するため、当然、解約後は利用できなくなります。

ただ、オフラインであれば、この契約状態の確認ができませんので、
そのままKindleにダウンロードしておいた本は読むことができます。

当然、新しい本は読めませんが、ダウンロード済みの本はそのまま読むことができます。
ただ、そのKindleがあるデバイスをネットにつないでしまうと読めなくなります

Kindleのオフライン対応の裏をついたような方法なので、
今後対策されるかもしれませんが、しばらくは使えるんじゃないでしょうか。
(使えなくなってたらすいません・・・)

ただし、欠点として、そのデバイスをずっとオフラインにしておかないといけないことですね。
スマホなどの場合、ずっとオフラインというのは考えにくいですし、
PCなどもオフライン状態にしておくのは珍しいでしょう。

10冊の本のために、オフラインにしておくのはかなり不便ですよね。

だから、この方法が使えそうなのは、あまり使っていないKindle端末を使っている場合ぐらいでしょうか。
また、使っていないスマホでもこの方法が使えそうです。

まあ、どちらにしてもちょっとケチくさい方法なんで、
そこまでしなくても・・・というのであれば、この裏技を使わなくてもいいでしょう。

この裏技ですが、Kindle unlimitedの対象じゃなくなった本をずっと読むためにも使えます。
ただ、オフラインにしないといけないので、どっちにしろ少し面倒ではありますが・・・。

スポンサーリンク

まとめ

Kindle unlimitedの解約方法と解約後、そして裏技について紹介しました。

Kindle unlimitedの解約方法は、
Amazonのページにアクセスしてボタンをいくつかクリックするだけで完了します。

スマホのAmazonアプリからでも解約はできますが、
かなり深い場所にあるため、かなり分かりにくいかもしれません。

Kindle unlimitedの解約後は、基本的にはダウンロードしておいた本は読めなくなります。

ただし、Kindleが入っているデバイスをオフライン状態にしておけば、
そのまま以前と同じように読むことができます。

The following two tabs change content below.

kounak

昔からの生粋のゲーム好きのアラフォーです。新製品などの新しいもの好きでもあるので、最新の情報などもいろいろ気になっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました