お風呂のカビ予防なら「バイオ お風呂のカビきれい」が最適!安くて口コミでも高評価

グッズ

自宅お風呂掃除担当の小次郎です。

お風呂掃除をしていると、いつも気になるのが“黒カビ”ですね。

こまめに掃除していても、いつの間にか風呂の壁のタイル目地やドア下のパッキンのところに黒カビが発生して、どうしても取れないんですよ。

家族からも「何とかして!」と言われていたのですが、いろいろ試してみてもあまり効果がなく、どうしていいか分からないまま数年経ちました。

ところが、ある日東急ハンズに行って店内をブラブラしていたところ、お風呂のカビ取りの悩みを解決する商品「バイオ お風呂のカビきれい」に出会ったのです。

バイオ お風呂のカビきれい」なら、ニオイが気にならず安全で、約6ヵ月間黒カビの発生を防いでくれるのでお風呂掃除もラクになるんですよ。これからこの商品のスゴイところを詳しくご紹介していきますね。

スポンサーリンク

お風呂のカビが取れない

新しい家に引っ越してきて、お風呂場が広くなって気持ちよく入れるようになったのが嬉しかったのを今でも覚えています。

お風呂をキレイにしておこうと会社が休日の日には、すみずみまで浴室の中を掃除したものですが、その内に浴室の壁や床に黒カビが目立つようになってきました。

あわててカ〇キラーを買ってこすってみても、黒カビの色が薄くなるだけで完全にはキレイになりませんでした。

カ〇キラーでは効き目が弱いからと思い、今度はカ〇ハイターを買って試してみても、結果はそんなに変わりませんでした。

どちらも塩素系なので、掃除をした後はしばらく塩素臭が残るため、頭が少し痛くなるので、お風呂のカビ取りが苦痛で仕方ありません。

それでもあきらめきれなかったので、ネットで調べたやり方を参考に試してみました。

重曹」を使う方法なのですが、研磨作用でカビが取れ、しかも弱アルカリ性なので匂いがきつくないというのでやってみたんです。

重曹3に対し、水1の割合でペースト状にして塗っていきます。効果をさらに高めるため、サランラップで黒カビの発生がひどいところを覆ってみたのですが、やっぱり効果は変わりません。

もうこれ以上は自分ではどうしようもなく、あとは業者に任せるしかないかと思ったものの、調べてみると料金が高いので諦めました。

しょうがないので黒カビがどうしても取れず、目立って仕方がないところには、パッキン用修正ペンで上から隠したりしていましたが、また増えてきたらどうしよう?と悩みはつきませんでした。

スポンサーリンク

お風のカビ取りは予防が重要だった!

 

黒カビを見つけた時、ついつい黒カビが発生した直後だと思いがちですが、カビの原因菌は常に空気中に浮遊しているので、見つけた時は既に黒い糸状の菌糸がパッキンなどの内部に網目状で広がっている状態なんです。

この状態だと、残念ながら黒カビを取るしかありません。

大切なのは、カビを取り除いた後は、カビが発生するのを防ぐことなのです。

そこで、まずカビが発生する条件を、それから黒カビを取り除く方法を知って頂いてから、黒カビの発生を予防する方法をお教えします。

 

カビが発生する条件とは?

そもそもカビはどういう時に発生しやすいのでしょうか?

カビは、真菌と呼ばれる菌の一種で、暖かく、水分や栄養があるところに発生します。

カビにもいろんな種類があり、お風呂に発生する黒カビは「クラドスポリウム」というカビで、別名「好湿性カビ」と呼ばれます。20~30℃の温度で、湿度70%以上、汚れや食べ物カスがあれば活発に増えます。

それより湿度が低いところに発生するカビの中で、結露した壁紙など発生するアオカビの「ペニシリウム」(耐乾性カビ)、さらに乾燥したところ(例えば家の中の木材など)に発生する「ユーロチウム」(好乾性カビ)などもあります。

季節的には、5~6月の梅雨時、9~10月の秋の長雨の時であれば、湿度が高く、温度も25℃程度あるので、黒カビが最も繁殖しやすく、活動が特に活発になっています。

その他のシーズンでも黒カビは存在するのですが、夏場は高温になるため、繁殖が減少します。逆に冬場は気温が低いため、活動はしていますが、黒くなりにくい特徴があります。

どの季節でも浴室には黒カビの原因菌がいますので、注意する必要があるんです。

 

生えてしまった黒カビを取るには

生えてしまった黒カビを取るコツとしては、
①カビは石鹸カス、汚れや皮脂を栄養分にしています。弱酸性のところで特に発生しやすく、弱酸性のシャンプーやボディソープが付いている壁などで発生しやすいです。

②黒カビを取り除くには塩素系カビ取り剤を使用しますが、使用してすぐに洗い流して、カビの色が薄くなっても菌本体が残っている可能性があります。カビ取り剤を塗って30分程度放置してから洗い流すようにします。

③カビの根がしっかり張った状態で発生するので、カビ取り剤を塗った後にブラシでこすっても、菌を壁などの内部により押し込んでしまします。なので、こすらずにカビ取り剤で分解していくのがよいです。特に汚れがひどい箇所には、キッチンペーパーかラップで覆うとよいでしょう。

④ゴムパッキンに発生した黒カビには、専用のカビ取り剤を使用すると便利です。例えば、ジョンソンエンドジョンソン社のゴムパッキン用カビキラーであれば、ペンタイプでジェル状に塗っていきますので、隅でもカンタンに塗れますよ。

普段のカビ予防対策

黒カビが発生した後はカビ取り剤でカビを取るしかありませんので、ふだんからカビが発生することを防止することが重要になります。

ポイントとしては、
①カビは熱い温度に弱いため、お風呂上りやお風呂掃除をする際には、熱い温度のシャワー(できれば50℃以上)で天井、壁、床を洗い流します。

②お風呂に入った後、冷水で床などを洗い流しておくと浴室内の温度を下げる効果はありますが、水滴が残りやすくなってしまいます。
 それよりも、お風呂の窓を開けたり、換気扇を回したりすることで、常に乾燥状態にしておく方がよいです。出来たら、浴室乾燥機を活用するのがベターです。脱衣所の換気も必要ですよ。

③浴槽を覆っている「エプロン」内部は常に湿気が充満していますので、カビの発生源になりがちです。面倒ですが、ときどきエプロンを外して掃除するようにしたいものです。

それで予防したとしても、黒カビが発生しないとは限りません。

さらにカビ発生を防ぐため、例えばくん煙剤で浴室全体を除菌するタイプがありますが、浴室全体をくまなく除菌するのでいいものの、効果が約1ヵ月しか持ちません。

そこでおススメなのが、「バイオ お風呂のカビきれい」です。

バイオの力でカビの菌の繁殖を防ぐので、ニオイが全くしません。カビ取り剤の中には、ニオイがキツイものもあり、アレルギー持ちの私にはツライんです。くん煙剤も後で薬剤が残るのがコワイので、小さなお子さんがいるご家庭にはススメられません。

バイオ お風呂のカビきれい」なら、効果が約6ヵ月続き、浴室の壁に貼るだけだからラクなんです。しかも1個600円くらいと安いのも嬉しいですね。

スポンサーリンク

バイオ お風呂のカビきれいの口コミはどうなの?

さて、「バイオ お風呂のカビきれい」は本当に効果があるのでしょうか?口コミを集めてみました。

お風呂をカビ取り剤でキレイにしてから、「お風呂のカビきれい」を天井に貼りました。設置後2ヶ月経過してもカビの発生が確認できていません。設置直後は子供から「お味噌の匂いがする」と言われましたが、2日程度でその匂いもなくなったようです。

この商品を使って1年くらい経っているのですが、壁の黒カビがあまり目立たなくなりました。以前に比べて、カビ対策のスプレーをしてお掃除する回数が減っているのに気づきました。掃除をする時にカビ用スプレーがなくてもきれいになります。不思議ですが、確実にカビが予防されています。新しいお風呂の方は目地にカビの色が染みつく前に、この商品でカビ予防されると良いと思います。

このように、好評な口コミばかりですが、中には効果があまり感じられない口コミもありました。

スモークタイプのものと比べて効きが悪い。環境が悪いと普通にカビは生えてきます。

さっそく浴室の天井につけてみましたが、やはりカビは発生しました。おそらくカビの進行を遅める程度でのものではないでしょうか?

効果がなかった原因として、バイオの活動を十分発揮させるまで生育させていなかったのが原因です。

説明書にもあるのですが、微生物の活動を活発にするため、2週間程度は浴室のドアの開閉を最小限にする必要があります。浴室乾燥機を使うと、バイオの菌が外に放出されるので、必要最小限に抑えた方がよいです。

もう5度目のリピートです。取り付ける前に風呂場のカビを出来るだけ全て落として下さい。これがかなり重要です。設置場所は、換気扇の側は避け、空気の流れがあるところに設置すると効果抜群です。浴室乾燥などを多く使用すると、効果の期間が短くなる傾向にあります。我が家では、まずカビを落とす→某くん煙剤を使用→さいごにこの商品を貼り付けて終了です。最長5ヶ月間はまったくカビを見ていないです。とにかく掃除する回数が減るのでおすすめです。

カビ掃除をして去年の11月に設置しました。それから2ヵ月ずらして2個目を設置しています。未だにカビが増える気配はありません。何よりもビックリしたのが、排水溝が全くヌルヌルしないことでした。今まで排水溝の掃除をしても、一週間もすればヌルヌルになって気持ち悪かったのですが、今ではいつ触ってもキュッキュッとしていて気持ちいいです。
(2018年7月11日追記)
カビにとって絶好のシーズンですが、相変わらずカビが増えることもなく綺麗で気持ちいいです。コーナーの隙間などには水が溜まりやすいせいか、若干のカビが出ることもあります。普通のカビ取りスプレーを少し噴霧する程度で、簡単に取れます。以前であれば、浴室のドアを開けた瞬間にカビ臭い臭いがして嫌な気分になっていましたが、本商品を設置してからはそのようなことはなくなりました。使い方として、1個だけ設置するよりも、2~3ヶ月おきぐらいにずらして複数個設置するほうがいいように思います。

「バイオ お風呂のカビきれい」の購入店舗は、東急ハンズだと(税込)648円で買えます。私は年に一度開催される大バーゲンセール「ハンズメッセ」(8月)に一年分購入しますw ついでに、実家用にも買います。生協でも買えるようですが、割高のようですので、通販で買うのもよいでしょう。

アマゾンでも5点満点中、4.1点と高評価を得ています。

もうすぐ梅雨に入り、黒カビが増えやすくなる季節ですので、すぐに買って対処しましょう!

>>>アマゾン公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました