40代女性の仕事選びのポイントと転職を成功させるアピール方法は?年収をアップするには?

仕事

昨年6年間勤めていた会社を退職し、失業保険をもらったしんりです。

 

失業保険をもらう間は、求職活動をしなくっちゃいけないんですが、40代女性で主婦の求職ってとっても難しいと実感しました。

 

ないわけではないんです。40代の求職者も多いし、求人もあります。けれど、希望する条件に合う会社を見つけることはできませんでした。

 

この記事では、

 

40代女性の仕事選びのポイントは?

40代女性が転職を成功させるアピール方法は?

40代女性が年収をアップするには?

 

について、まとめてみました。

 

この記事を読めば、40代女性(主婦)の仕事や転職、年収についての現状がわかり、就職活動されるにあたって、自分のアピールポイントや年収アップのヒントを得ることができますよ。

 

自分、仕事、家庭、それぞれを大切にしながら、自分の居場所を作り上げていきましょうね。

 

スポンサーリンク

40代女性の仕事選びのポイントは?

40代の仕事選びは、「長く続けられること」を念頭に探すのがポイントです。

まずは仕事を探す前に、自分の希望を明確にしておきましょう。

  • 土日祝日の出勤や残業はあるのか?
  • 子供の学校スケジュールなどに合わせて、調整可能なのか?
  • 同じ世代の人が働いているか?

 

私は失業保険を受給中に、職業安定所でいくつかお仕事の紹介を受けました。今まで事務経験しかなかったので、「事務職」と希望を出していました。

 

紹介されたお仕事は、正社員なんですが、半年間という期限付きの、法務局や水道局、職安などの公務員補佐や、土日祝日出勤のある会社ばかりでした。

 

期限付きでは、半年後、仕事に慣れた頃にまた失業してしまいます。主婦の私には、土日祝日出勤のお仕事を選択するつもりはありませんでした。

 

少しでも給料のいい仕事を見つけたいけれど、今はまだ子供の学校行事を優先したいから、正社員で働くのはちょっと難しいのかな・・・そう思い始めました。

 

そこで、単発の派遣で、検品やシール貼りの仕事に行ってきました。WEBで登録して、電話で話をするだけで登録完了。

 

以前はタイピングスキルとか、出向いて登録しなきゃいけなかったのに、今は簡素化されちゃって、これでいいのかなって心配になっちゃうくらい簡単なんです。

 

登録が完了すれば、お仕事検索をしてエントリーすれば、詳細が送られてきます。

 

単発の軽作業は、就業先に出向いて指示を受け、ひたすら黙々と孤独に仕事をこなします。持参したお弁当を一人で食べて、誰とも話さないで仕事をするのって、1時間がめちゃめちゃ長いし、単純作業は眠くなるし、とにかく苦痛になります。

 

しかも、就業場所がわかりにくかったり、ラッシュの時間帯で意外と時間がかかったり、2回行って挫折しました。交通費が出ないのに、行くだけで1時間以上もかかったので、働く前にぐったりしてしまいました。

 

短発でお仕事を探すのは、不都合もあるので、長く続けられる職場を探した方がいいと実感しました。

 

一般的な派遣のお仕事は正社員と同じ時間帯で働く求人が多く、若い世代と比較されると選考で不利になることもしばしば。

 

パートの仕事は、求人内容の経験者が優遇されます。40代ともなれば、初心者でもOKという求人は、コールセンターや介護職、接客のお仕事ばかりでした。

 

新しい分野に飛び込んでいくのは、相当の覚悟が必要ですよね。正社員であれ、パートであれ、自分の理想と現実とのギャップを埋めなければいけないなって痛感しました。

 

 

スポンサーリンク

40代女性が転職を成功させるアピール方法は?

40代女性の主婦が転職にアピールできるものは、自分のスキルや経験、実績です。

 

スキルならば、IT・パソコンの専門スキルや看護士・通関士などの国家資格があれば、40代でも正社員を目指すことは可能です。経理知識も即戦力として期待されます。

 

ただし、40代女性なら資格があっても、退職から再就職まで1年以上かかることもざらにあると言われました。正社員の求人数自体が少ないからなんです。

 

私は退職後、職業訓練学校に3か月通って、HTMLとCSSのWebサイト構築の基礎を学びました。かといって、仕事として選べるほどの実力がついたわけでもなく、「ちょっとした知識があります」って程度です。

 

経験がまったくなく、ちょこっと勉強してみた、程度の訓練生に、Web関連の仕事があるはずもなく、訓練生の大半はWeb構築に関係ない職場へ就職していきました。

 

求人している企業から見れば、「即戦力としての経験を重視」ということなんですよね。

 

パートの仕事も、今までの経験を生かした仕事が採用されやすいです。今まで何をしてきたのか、どんなことができるのか、これが武器なんですよね。

 

40代後半ともなれば、子供の学費だけではなく、親の介護などの家庭環境や、更年期による自分の体調の変化などにも、仕事をする条件が左右されてきます。

 

自分の希望にぴったり合う会社が見つかったら、会社の応募条件が自分に当てはまらなくても、諦めずチャレンジすることが大切です。

 

40代女性の「即戦力」以外のアピールポイントとして、

  • 協調性が高く、誰とでも柔軟に対応することができる
  • 管理能力、育成能力、養成能力がある
  • 遅刻や欠勤せず、責任感がある
  • 若い人には向かない仕事を任せられる

 

当たり前のことかもしれませんが、それが普通にできることも40代の実績になります。PTAでママ友たちと協力して、イベントを成功させたことも、実績になりますよ。

スキルも大切ですが、40代だからこそ、できることもあります。チャンスは逃さないで、積極的にアピールして、自分を売り込んでおきましょう。

 

 

スポンサーリンク

40代女性の年収をアップするには?

年収をアップさせるには、仕事に役立つ資格の取得、スキルアップをして、より年収の高い会社に転職することです。

 

40代と言えば社会人になって20年を超えていますが、女性の年収が500万円を超えるのは全体の10%未満。女性の平均年収は300万円前後なんです。

 

派遣社員なら年収は300万円以下の場合が多く、パートではフルタイムでも年収200万円以下がほとんど、正社員にならないと年収300万円はとても無理な現状です。

 

現実的には、結婚、出産、育児などで年収が減ってしまうことが多く、キャリアを積み重ねていくって、なかなかできないですよね・・・。

 

年収をアップさせるには、自分の経験してきた仕事をスキルアップさせ、必要な資格を取得していく、または資格を取得してから転職し、経験を積んでいく、これが一番の方法です。

 

40代から転職のために資格取得を目指すなら、医療事務登録販売者(医薬品)WEBデザイン、ケアマネージャーなどが人気です。

 

医療事務の年収は250万円~、登録販売者の平均年収は300万円、WEBデザイナーとケアマネージャーの平均年収は350万円。パートなら時給に資格手当が反映されることもあります。

 

40代はまだまだ年収アップのために、資格取得や未経験の仕事にもチャレンジできる年代です。50代になるとさらに門が狭くなって、選択肢がさらに少なくなってしまいます。

 

40代のうちに、将来を見据えて、武器になる資格を取得し、年収をアップさせていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

さいごに

この記事では、40代女性の仕事選びのポイント、40代女性が転職を成功させるアピール方法、40代女性の年収のアップする方法をお伝えしました。

 

40代女性の仕事選びは、自分の条件に当てはまる「長く働けるところ」を選ぶことをおすすめします。ムリをすると、結局は仕事選びを何回もすることになってしまいます。

 

40代女性の転職を成功させるアピール方法は、スキル、経験と、今までの実績です。会社にどれだけ貢献できるかをアピールすることが重要です。

 

40代女性が年収アップするには、資格取得するか、今までの仕事のスキルアップ、人出不足の求人を探すことです。

 

40代はまだまだ体力もあって、もうひと踏ん張りがきく年代です。長く続けられるお仕事を見つけて、家族のため自分のために、充実した毎日を送ってくださいね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました