シェムリアップの天気事情!年間を通してどんな感じ?観光シーズンの8月は?服装は?

海外旅行

世界遺産を見に行きたくて、現在25か国旅行したアラフィフトラベラーのしんりです。

アンコール・ワットで有名なシェムリアップ、とっても暑い印象を持ってる方が多く、天候や服装についてよく聞かれます。

観光シーズンで人気のある8月は、特に気になる方が多いようです。

 

この記事では、

 

  • シェムリアップの年間の天気は?
  • シェムリアップの天気8月はどんな感じ?
  • シェムリアップの天気と服装は?

 

についてまとめてみました。

 

高温多湿なシェムリアップは、自分の体調が慣れないうちは無理は禁物です。この記事を読めば、雨季・乾季に合わせた万全な準備ができますよ。

 

ぜひ参考になさってくださいね。

 

スポンサーリンク

シェムリアップ年間の天気は?

カンボジアは11月中旬から5月中旬までが乾季5月下旬から11月上旬が雨季です。乾季には雨がほとんど降らず、雨季には1~2時間ほど集中して大雨(スコール)が降ります。

 

スコールは突然、土砂降りの雨が降ります。どこにも行けず、建物の中で雨が止むのを待つしかないのですが、ピタッと止むと陽が射してきます。

 

日本の梅雨のようにしとしと降り続くわけではないので、スコールが降り出したらしばしの間、雨宿りをしてくださいね。雨季の旅行中は、カッパなどの雨具を持参すると便利です。

 

雨が降った後の、石造りの遺跡はとても滑りやすいので、注意が必要です。観光時はサンダルではなく、歩きやすいスニーカーを履いてお出かけくださいね。

 

年間通じて、最高気温が30℃を超えるカンボジアですが、4月5月は酷暑期。日中は40度を超える時もあり、この時期は熱中症に特に気をつけてください。

 

観光に出かける際には、必ず水を持って行ってくださいね。観光地では購入できないこともあるので、ホテルやレストランで早め早めに購入しておくと安心です。

 

雨の降らない乾季は、空気が乾燥して赤土の砂ぼこりが常に舞っています。マスクサングラスなどがあった方が楽に感じるかもしれません。

 

12月~3月は、早朝や夜になると気温が下がり、肌寒く感じるときもあります。この時期の観光では、トレーナーのような長袖をお持ちくださいね。

 

 

スポンサーリンク

シェムリアップの天気8月は?

 

私がシェムリアップに出かけたのは8月。8月は雨期ですが、雨季の中でも比較的雨が少ない月です。

 

シェムリアップ空港に到着した直後にスコールにどしゃーっと降られました。雷も轟いて、ひえ~っ!このまま空港から出られない!って心配になりましたが、40分ほどでピタッと止みました。

 

到着早々にスコールの洗礼を受けたのですが、スコールの後は、舞っていた砂ぼこりがきれいに落ちて、空気がクリアな感じです。気温が少し下がって、過ごしやすいように思いました。

 

一般的に日本のガイドブックでは、シェムリアップの観光シーズンは11月~2月の乾季と言われています。けれどもスコールの後の、空気が澄んで新緑がきれいに見える6月~8月を、私はおすすめします。

 

ハスの花も見ごろだし、雨に濡れた遺跡も色が濃くなって見えて、とってもキレイに見えましたよ。

 

 

スポンサーリンク

シェムリアップの天気と服装は?

1年中日本の夏の服装と同じで大丈夫です。でもかといって、半袖だけではダメですよ。1年中高温多湿で、日差しが強いこと、蚊に刺されるのを防ぐために、ゆったりとした風通しのいい長袖をおすすめします。

 

私は、ホテル内では半袖、観光時は綿素材の長袖を着ていました。でも汗でベタベタくっつく感じはちょっと不快でした。長袖1枚だと脱ぎたくても脱げないので、失敗でした。

 

ユニクロなどで販売している、UVカットのメッシュパーカーみたいなのを持っていくといいと思います。暑い時は脱げるし、クーラーの効いたレストランでは羽織れるので、一石二鳥ですよね。

 

ボトムは風通しのいい綿パンがおすすめです。身体に密着するジーンズは、暑くて気持ち悪くなるので、ゆったりしたものを選んでくださいね。

 

日差しが強いので、帽子は必須です。他にも首ひんやりタオルのような冷却グッズがあるといいですよね。

 

ホテルで教えてもらって「クロマー」を購入しました。地元では必携の、コットンで作られたスカーフです。(シルクもあります。)

 

とても丈夫なクロマーは、首に巻く、寒い時はストールのように着る、荷物を包む、拭くと、万能に使えちゃうんです。

 

ペットボトルを包んで腰に巻き付けてる女の子も、とってもおしゃれに見えました。風通しがよく、首に巻いていても暑苦しくありません。首の日焼け防止にもなって、観光中は大活躍してくれました。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

この記事では、シェムリアップの年間の天気や8月の天気、服装についてご紹介しました。

 

カンボジアの天気は、雨季と乾季に分かれていて、雨季はスコールに、乾季は乾燥に注意してくださいね。

 

8月は雨期ですが、スコールの後は空気が澄んで、新緑がきれいに見えるので、観光にはおすすめです。

 

服装は、日焼け対策や蚊に刺されないために、風通しのいい長袖を持っていくようにしてくださいね。

 

訪れる季節の天気や気温を把握して、暑さ対策、雨対策を万全にして、観光を楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました