熱田神宮へのアクセス方法は?駐車場や観光、お守りや御朱印、ランチ情報もまとめてみた

神社

神社参りが趣味の小次郎です。

熱田神宮は名古屋で最も大きな神社で、伊勢神宮に次ぐ格式の高い神社としても知られています。

初詣では約230万人、年間では700万人を超える方が参拝に訪れますが、大都市の中心部近くにあるにもかかわらず敷地面積は19万平方キロメートルと、東京ドーム約5個分の大きさがあります。
縁結びのご利益があるとして、女性の間でも話題になっています。

この記事では、熱田神宮へのアクセス情報、神宮内の回り方、お守りや御朱印、ランチ情報も書いてありますので、熱田神宮を堪能することが出来ますよ。

スポンサーリンク

熱田神宮へのアクセス、駐車場や観光情報まとめ

熱田神宮 アクセス

熱田神宮へのアクセス手段としては、電車があります。

熱田神宮へのアクセス 電車の場合

電車では、名鉄、JR、名古屋市営地下鉄(名城線)がありますが、最も近い駅は名鉄名古屋本線神宮前駅になります。

名古屋駅から神宮前駅まで約7分(230円)、神社まで徒歩約3分です。

熱田神宮へのアクセス 車の場合

高速道路を利用される場合、名古屋高速3号大高線の堀田出口(大阪方面から)、呼続出口(東京方面から)が近いです。

熱田神宮の駐車場

駐車場は合計約400台分あります。料金は無料ですが、午後5時に閉門となります。

東門駐車場 約300台
西門駐車場 約40台
南門駐車場 約60台

熱田神宮での観光

熱田神宮内の回り方ですが、正門からスタートして全て回ると、本宮をはじめ別宮1社、摂社8社、末社19社があり、境外にも摂社4社、末社12社を数え、あわせて45社ありますので、全て回ると約3時間かかります。

お急ぎの方は、約1時間で回れる下記コースはどうでしょうか?

正門(南門)

南新宮社(みなみしんぐうしゃ)

楠之御前社(くすのまえしゃ)

清雪門(せいせつもん)

佐久間燈籠(さくまとうろう)

手水舎(てみずしゃ)

ならずの梅

本宮(御本殿)

「こころの小径」を散策

一之御前神社(いちのみさきじんじゃ)

清水社(しみずしゃ)

信長塀(のぶながへい)

大楠(おおぐす)

二十五丁橋(にじゅごちょうばし)

別宮八剣宮(べつぐうはっけんぐう)

上知我麻神社(かみちまじんじゃ)

大国主社(おおくにぬししゃ)

事代主社(ことそろぬししゃ)

太郎庵椿(たろうあんつばき)

正門(南門)

スポンサーリンク

熱田神宮のご利益は何?御朱印やお守りの頂き方

熱田神宮のご利益

熱田神宮のご利益は、縁結びが有名ですね。

ご祭神の一人である日本武尊(やまとかけるのみこと)が妻の宮簀媛命(ミヤズヒメ)への想いから始まった白鳥伝説によって、縁結びが特に有名です。

熱田神宮の御朱印

https://platform.twitter.com/widgets.js

熱田神宮では、「御朱印」とは言わず「御神印」と言います。なので、熱田神宮オリジナルの御朱印帳も「御神印帳」と言われます。

初穂料は特に決められていませんが、300円を納めるのが一般的なので、それで十分でしょう。
熱田神宮、別宮八剣宮、上知我麻神社の三社にて御朱印を頂けます。

熱田神宮のお守り

https://platform.twitter.com/widgets.js

いろんな種類があるので、どれがいいか本当に迷ってしまいます。絵馬も、星型なんてあるくらいですから。

お守りのおススメは、白鳥守ですね

白鳥守は、ご祭神の日本武尊が、三重県の亀山市あたりで没した時、妻の宮簀媛命がいる熱田の森へ白い鳥になって来たという白鳥伝説にちなんでいます。

カップルになったばかりの方が恋愛のお守りとして求められて来ます。

それから、熱田神宮は勝運で昔から有名です。
織田信長が桶狭間の戦いの前に祈願し勝利を収めたことから勝運を願う人に人気となり、勝守を頂いて帰る方も多いです。

御朱印やお守りは、授与所で毎日午前7時頃から日没頃まで頂けます。

スポンサーリンク

熱田神宮のランチ情報 ひつまぶしやきしめんが定番?

熱田神宮のランチでおすすめ

熱田神宮のランチで、おすすめなのが個室もある「伊太利食房 ZenZero 神宮店」

個室は6名からとなりますが、小さいお子さんがいる時は助かりますね。七五三の帰りに寄るのもいいかもしれません。

無料駐車場が30台分あるのが嬉しいです。

熱田神宮近くのひつまぶしのお店

熱田神宮でひつまぶしを楽しめるといえば、あつた蓬莱軒(ほうらいけん)あつた辨天大和田の3つのお店でしょう。

比較的安いのが「大和田」さんで、値段は櫃まぶし(並)2,800円から。但し予約は出来ません。
高級な「あつた蓬莱軒」さんは3,900円から、「あつた辨天」さんは3,200円からです。
この両店なら予約可能です。

あつた蓬莱軒さんは、栄の松坂屋百貨店でも食べることが出来、地下の食品売り場では持ち帰りも可能です。

初めてひつまぶしを食べた時は感動しました。うな重とお茶漬けを一緒に食べられるなんて、考えたこともありませんでしたので。

それにしてもうなぎが高くなりすぎて、なかなか食べられません。

熱田神宮できしめん?

熱田神宮の敷地内にあるのが「宮きしめん」さん。普通サイズなら700円です。

年中無休、元旦も休まず営業されています。普段の営業時間は9:00~16:30(ラストオーダー)です。

初詣の寒いときには、きしめんを食べると身体が温まるので、毎年通う方も大勢います。

名古屋駅のキオスク、中部国際空港でもお土産として買うことも出来ますよ。

スポンサーリンク

まとめ

熱田神宮は、名古屋市のほぼ中心部にありながら、ご神木が多いために、森の中にあるような神社です。

敷地面積が広いため、1時間で回るのが難しいくらいです。

電車なら名鉄神宮前駅が最も近いですが、車ですと約400台の無料駐車場があるので便利ですよ。
白鳥伝説から、熱田神宮は縁結びの神様として有名で、女性の方も多く参拝されます。
お守りの数がすごいですよ。星型の絵馬なんで、ここ以外にないでしょうし。

ランチも熱田神宮では楽しみたいですね。境内に「宮きしめん」さんがあり、冬場の寒い時は身体が温まります。

名古屋名物の「ひつまぶし」で有名な「あつた蓬莱軒」など、うなぎ屋さんも近くにあります。

参拝だけでなく、縁結びのご利益やひつまぶし、きしめんを楽しみに熱田神宮へ来られて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました