経理に英語力があると転職にも有利!資格を持つと求人や年収もこんなに違う

経理,英語力,転職,資格,求人,年収, 仕事

舌を巻いて「birthday」を、得意げに発音したら、友人に大爆笑された、さやかです(汗)

皆さんは英語得意ですか?

小学校でも英語が必須科目になるほど、英語力が求められていますが、判っちゃいるけど、今さら勉強するのも大変ですよね?

 

ウチの旦那さんは、飲食系で経理関連の仕事をしているものの、英語は全くダメ。

けど、英文表記の経理資料をチェックする必要が出てきて焦ってます(泣)。

近い将来、経理で簿記が出来るだけじゃ通用しなくなってくるし、英語ができないって言ってられないですね(泣)。

 

というわけで、ここでは経理で英語力がどの程度求められているのかについてまとめてみました。

この記事を読めば、経理での英語力についてや、習得しておくと転職にも有利な資格、年収や求人についての情報を知ることができますよ。

スポンサーリンク

経理で英語力は必要!会計管理に英文が使用されることも増えている

経理,英語,英語力,

経理に英語力があると、仕事でどれだけ有利か知ってますか?

ネットの発展やグローバル化で、日本に居ながら海外の方たちともリアルタイムで気軽に交流できてしまう時代^^

企業では、海外企業とすでに取引をしているところや、これから始めてみようと考えているところも多いし、経理においても英文が使用されることが珍しくありません

経理担当者にも英語力を求める流れが加速しつつある

そのような中、経理担当者にも英語力を求める企業が増えてきました。

というのも、国際的に統一された会計基準を適用してくださいね~という流れになっていて、原文は英語なので、必然的に英語力が必要になってきます。

とは言っても、日本の企業のうち99%以上は中小企業が占めていることもあり、職場によって求められる英語力は、まちまちです。

スポンサーリンク

経理で英語力をどう活かす?転職にも有利になる資格はコレ!

経理,英語,転職,資格,

では、実際に経理で英語力を活かす資格で、転職にも有利になるものって知ってますか?

実は、日本の会計基準は、国際的な会計基準と視点が違います。

日本の会計基準は・・・
企業の損益を適切に行っているのかを指向するもの

国際的な会計基準は…
投資家に企業の実態(資産・負債)について情報提供するかを指向するもの

近い将来、日本も国際的な会計基準で経理処理を行う方向になってくるので、英語に関連する資格を持っておくと転職に有利になるといえます。

では、どのような資格があるか紹介します。

CPA(米国公認会計士)
米国公認会計士(CPA;Certified Public Accountant)の略。USCPAと表記されていることもある。アメリカの各州で認定される会計士の国家資格。

EA(米国税理士)
EAは、Enrolled Agentの略。アメリカ政府(内国歳入庁:IRS)が認可する税理士の国家資格。

BATIC(国際会計検定)
BATIC(Bookkeeping and Accounting Test for International Communication)の略。東京商工会議所が認定する公的資格。

IFRS検定(国際財務報告基準・国際会計基準)
IASB(国際会計基準審議会)によって決められた会計基準で、IFRSに関する知識などの修得程度を把握することを目的とした資格。国ごとにバラバラな会計基準を統合して、世界基準の会計制度を作る試みで、近年適用される国が増加。

IFRSは日本語でも受験できるのに対し、BATICは英語でしか受験できない。より深い英語への理解力を求められるのがBATIC。

CPAやEAは超難関で、次に難関なのがBATIC。

日商簿記2級の知識があれば、日本語で受験できるIFRS検定からチャレンジするといいですね。

スポンサーリンク

経理で英語の資格があると求人や年収はこんなに違う!

経理,英語,資格,年収,求人,

頑張って資格をとった後、求人の条件や、収入がどのように変わるのか気になりますよね?

会計事務所の求人などでは、英文経理や英文会計ができるほか、TOEIC●点以上と求められることも増えているので、英語力があると会社の規模を問わず重宝される人材になるといえます。

年収は会社によりますが目安はこちら。

年収については…
英語経理未経験の社員であれば約300~600万円程度
経験があれば約500~800万円程度
派遣では…
英語経理未経験であれば、時給約1200~1300円
経験があれば、時給約1700~1900円

また、英語の実力が、そのまま手当などで給与に反映する場合もあるので、上記に上乗せになってくると、かなり条件は良いと言えますね。

経理の実務経験に英語力をプラスすれば、選択肢の幅が広がること間違いなし!

スポンサーリンク

まとめ

経理に英語力が必要?

経理で英語力は、国際的に統一された会計基準を適用してくださいね~という流れになってきているので、必然的に英語力が必要になってくる。

しかし、日本の企業のうち99%以上は中小企業が占めていることもあり、職場によって求められる英語力は、まちまち。

経理に英語を活かす転職で有利になる資格は?

簿記の知識にプラスして、IFRS検定やBATICを習得しておくと転職に有利。英語の実力が、そのまま手当などで給与や時給に反映する場合もある。

求人や年収は?

求人では、英文経理や英文会計、TOEIC●点以上と求められることも増えているので、英語力があると、会社の規模を問わず重宝され、年収も高くなってくる。

今後、避けては通れなくなってくる経理での英語力。

年収アップにもつながってくるので、今から準備しておくと「老後も安心」って言えるようになるかも^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました