経理資格で有利なおすすめ7選!難易度は?勉強方法は独学か学校どっちがいい?

経理,資格,有利,おすすめ,勉強,独学,学校, 仕事

老後の生活が気になりだした、さやかです。

ある程度子どもたちが大きくなってくると、進学費用や老後の資金について気になってきませんか?

働ける時にちゃんと稼いで、老後の心配なく生活したいな~って考える方って少なくないハズ。(筆者がまさにソレです(汗)。

でも、社会人経験はあってもブランク長いし、体力的にも不安。立ち仕事より事務系の仕事がいいな…って考えますよね。

そうなると、事務系でお仕事を考える時、有利になる資格があるといいと思いませんか?

というわけで、この記事では、経理関係の仕事で就職する時に有利になる経理資格についてまとめてみました。

これを読むと、経理の仕事に就くために有利なおすすめの資格についてや、簿記の勉強は独学か専門スクールかどれがいいのかが分かりますよ。

スポンサーリンク

経理資格で就職で有利になるおすすめ7選!

経理,資格,有利,おすすめ,

では、経理関係でブランクがある主婦が就職する時に、有利になる経理資格は何がいいのかについて紹介していきますね。

もっておくべき経理資格はコレ!

ブランクがあると何かと不安になりませんか?

ここでは、ブランクありの40代主婦2人の会話で、税理士事務所にパート勤務した経験のある筆者に、自分も経理関係の就職を考えているものの、資格を持っていない友人が相談してきた時のやり取りを紹介します。

 

友人:「ブランクありの40代主婦が経理関係の仕事を考えている時、これだけは持っておくべき資格って何?」

筆者:「経理では「簿記」の知識は必要不可欠
経理のベースになる知識なので、最低でも3級は持っていてほしい~。というか、これは、経理では必須だな(笑)」

 

友人:「簿記3級って難しい?」

筆者:「2019年2月実施の日商簿記検定3級の合格率は55.1%、中高生も多く合格してるから3ヶ月ほど真面目に取り組めば、それほど難しい資格ではないから安心して^^」

 

友人:「独学でもできるレベルなの?」

筆者:「主婦なら家計管理をしている方が多いから、それが専門用語に置き換える感じなので、独学でも簿記3級なら取得できるレベルと思って大丈夫!」
「実は、簿記3級を取得しておくと、かなりお得なことがあるんだけど、気になる??」

友人:「「お得」という言葉大好き(笑) 気になる~~!」

 

筆者:「フリマアプリとかオークションなどで、副収入があったりする時なんかだったら、売り上げ管理とか利益管理も簡単にできるようになるし、確定申告もラクになる☆」

友人:「フリマアプリで不用品とか売っているから、管理ができたら便利だわ~☆
それにラクになるって言葉も好き~(笑)」

 

簿記の知識があれば、結婚・出産・子育てなどでしばらく職場を離れても復帰しやすいので、主婦にとっては嬉しいことです。

日商簿記検定試験は、毎年2月・6月・11月の年間3回実施されていて、過去問題集などの関連書籍も豊富です。

3ヶ月ほど集中して真面目に取り組む必要はありますが、日商簿記検定3級は取得しておいて間違いなしの資格です。

どんな企業でも経理のポジションはあるものの、人手不足のところが多く、かなり売り手市場になっています。

経理の仕事は、専門知識が必要になるポジションでもあるので、簿記の知識がある方は重宝されるケースが多いです。

持っていると就職で有利になる資格はコレ!

経理,資格,再就職,有利,

やっぱり就職するには、好条件の待遇を選びたいと思いませんか?
話の続きを見ていきましょう。

友人:「簿記以外にも有利になる資格を持っていると強みになるから、簿記3級以外でどんな資格があると有利になるの?」

筆者:「少し難易度が上がるけど、この7つの資格があると、選択の幅がグーンと広がりますね☆」

  • 日商簿記検定2級
  • 給与計算実務能力検定(2年ごとの更新あり)
  • 経理・財務スキル検定(FASS)
  • 法人税法能力検定
  • FP(ファイナンシャルプランナー)
  • 税務会計能力検定
  • ビジネス会計検定試験

友人:「FP(ファイナンシャルプランナー)は、よく聞くけど、他の資格は馴染みが無いな…(泣)」

 

日商簿記検定2級は、さらにレベルアップする時の必須になります。

そのほかの資格は、簿記以外での知識を補うことができる資格になるので、どんな仕事をするかで、必要・あると有利になるものが変わってきます。

例えば、「経理・財務スキル検定」は、「FASS」と呼ばれていて、簿記で測れない実務スキルについてチェックできる資格です。

簿記は一度取得したら一生ものですが、「FASS」は簿記スキルをブラッシュアップする位置づけと考えていいので、社内での評価アップの一つとして、企業で社員に推奨しているところが増えつつあります。

スポンサーリンク

経理資格で難易度が高いものは?

経理,資格,難易度,

これら6つの経理資格は、グーンと難易度が上がりますが、持っているだけで格段に有利になること間違いなし!

難易度はさらに上がりますが、独立も視野にできるスキルが身に付く資格もあります。

  • 日商簿記検定1級
  • BATIC(国際会計検定)
  • 社会保険労務士
  • 中小企業診断士
  • 税理士
  • 公認会計士

知人は、ここまでスキルアップは考えてないようでした(汗)。まー、国家資格もあるし、かなり勉強しないと合格できないので、友人の立場だったら当たり前かもです。

「BATIC(国際会計検定)」は、グローバルな時代なので、チャレンジする方が多く、転職に有利な資格として知られるようになっています。英語での会計処理や、国際的な会計基準が理解できることを証明できる資格です。

米国公認会計士(USCPA)のほうが知名度は上ですが、難易度が高く、高額な費用が掛かるので、「BATIC(国際会計検定)」のほうが身近になってきています。

学生時代、もう少し英語を勉強しておけばよかった~~(泣)

スポンサーリンク

経理の資格で簿記の勉強は独学か学校どっちがいい?

経理,資格,独学,学校,スクール,

経理の仕事に就く時、持っておくべき資格が「簿記」

では、簿記の資格を取るためには、どのように勉強していくといいでしょうか?

簿記の資格取得には、独学学校(専門スクール)に通うという2つの方法がありますが、どちらにもメリットやデメリットがあります。

簿記の資格取得を独学で勉強する場合

検定試験の過去問題集など関連書籍は充実していますので、必要なお金を抑えて時間のやりくりをしながら集中して頑張っていける方に向いているといえます。

しかし、いきなり専門用語がズラーっと並んでいると、やる気がシュンとしぼんでしまうこともありますよね?

スモールステップで少しづつ知識を積み上げていくのが、一番の近道になりますので、通信教育で学ぶのも一つの方法です。

通信教育では、自宅で勉強ができることや、分からない点を質問できたり、合格までの勉強法が分かりやすい点がメリットです。

しかし、関連書籍と比べるとお金がかかるので、折り合いの付け方次第になります。

簿記の資格取得を学校に通って勉強する場合

学校(専門スクール)に通って資格を取得する方法は、分からない点をすぐ質問できるので、無駄のない勉強ができることがメリットです。

しかし、忙しい主婦にとって時間とお金が必要になることはデメリットなので、この点を解決できるかどうかになります。

スポンサーリンク

まとめ

経理の仕事で就職で有利になる経理資格は次の7つ。

  • 日商簿記検定
  • 給与計算実務能力検定
  • 経理・財務スキル検定(FASS)
  • 法人税法能力検定
  • FP(ファイナンシャルプランナー)
  • 税務会計能力検定
  • ビジネス会計検定試験

さらにスキルアップしたい時に有利な経理資格は次の6つ。

  • 日商簿記検定1級
  • BATIC(国際会計検定)
  • 社会保険労務士
  • 中小企業診断士
  • 税理士
  • 公認会計士

簿記の勉強は、独学か学校どちらで勉強するかは、双方ともメリットデメリットがあるので、あなたの状況を加味して考える必要あり。

経理の仕事で役立つ資格は、経理以外でも役立つものが多いもの。

主婦だからこそ今は求められていることも多いので、様々な資格にチャレンジしてして、どんどん魅力的な人になっちゃいましょう~♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました