シェムリアップのシティアンコールホテルに宿泊!日本語は通じる?子連れでも安心?

海外旅行

世界遺産を見に行きたくて、現在25か国旅行したアラフィフトラベラーのしんりです。

 

アンコール・ワットを見に行きたい! でも、カンボジアってアジアの発展途上国、ホテルって日本語が通じるの? 子連れでも大丈夫? 気になってしまいますよね。

 

この記事では

 

  • シェムリアップで実際に宿泊したシティアンコールホテルのこと

  • シェムリアップに日本語の通じるホテルはあるの?

  • シェムリアップで子連れにおすすめのホテルはどこ?

 

について、調べてみました。この記事を読めば、シェムリアップのホテルのことがわかり、安心して旅行に出かけられますよ。

 

ホテルでの滞在は、旅行の思い出を左右する大きなファクターです。素敵なホテルが見つけられますように・・・ぜひ、この記事を参考になさってくださいね。

 

 

スポンサーリンク

シティアンコールホテルのこと

シティアンコールホテルは、伝統的なカンボジアスタイルの4つ星ホテルです。国道6号線沿いにあり、全室にバスタブが付いた大型老舗ホテルです。

 

1993年にポル・ポト政権による内戦が終わり、その2年後に建設されたホテルです。建物の老朽化が目立ちますが、2017年に改築され、設備などが一新、ロビーが広くなり客室も明るくきれいになりました。

 

政府高官の宿泊も多く、各種会議なども行われています。私が宿泊した時は日本語は全く通じませんでしたが、現在は日本語がわかるスタッフもいるようです。

 

プールは簡素です(子供用プールはありません)が、滝のあるトロピカルガーデン、遺跡のレプリカなどがあり、写真スポットはたくさんありますよ。

 

ホテルでのおすすめはマッサージ! フロントで予約すれば、部屋まで来てもらえます。お部屋のベッドでみっちり1時間、全身をマッサージしてもらいました。

 

英語も日本語も通じませんでしたが、彼女のジェスチャーでうつぶせになったり、座ったり・・・観光で歩き疲れた体をじっくりほぐしてもらって、とても気持ちが良かったです。

 

立地的に、市の中心部から離れているので、買い物に出るにはタクシーかトゥクトゥクに乗って出かけなければならないので、ちょっと不便かもしれません。その分?マッサージは低料金なので、宿泊の際には、ぜひ体験してみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

日本語が通じるホテルってあるの?

日本語対応可能なホテルが増えています。観光のことやレストランなど現地の情報を知りたいとき、日本語で気楽に聞けるといいですよね。

 

日本人スタッフが在勤している、または日本語対応可能のホテルを選んでみました。

 

ソカ シェムリアップ リゾート&コンベンション

2016年9月にできたばかり、5つ星ホテルで、日本人スタッフが常駐しています。伝統的なカンボジアスタイルのホテルは、まるで王宮のような豪華さです。

 

敷地内にはシェムリアップで最大級、滝が流れるスイミングプールがあり、スパやフィットネスジム・サウナ・蒸気風呂なども完備。このままホテルにずっといたいと思うくらい、快適なホテルライフが楽しめます。

 

アンコールパレス リゾート&スパ

2003年開業の5つ星ホテル、日本人スタッフが常駐しています。客室が広く、全室バルコニー付き、大きな変形プールと滝のある庭園が人気です。

 

子供用のウォータースライダーやプールがあるので、子連れファミリーにもおすすめですね。リゾート感たっぷりの、ゆっくり落ち着けるホテルです。

 

ソマデヴィ アンコール ホテル&スパ

2013年に改装された、シェムリアップ市内中心部にある4つ星ホテル、日本語を話せるスタッフが在勤しています。ホテル内にはプールもあります。

 

ホテルの近くには市内最大のショッピングセンター「ラッキーモール」やフットマッサージがあり、夜でもにぎやかな繁華街、オールドマーケットにも徒歩で行くことができます。

 

スポンサーリンク

子連れにおすすめのホテルはどこ?

子供連れのシェムリアップ観光、昼間の暑い時間帯はホテルのプールで過ごすことをおすすめします。子供用プールがあるホテルを探してみました。

シンタナ・サヤ・レジデンス

シェムリアップのパブストリートから近い、クラッシックな5つ星ホテル。子供用プール・託児サービス(有料)・ベビーベッド(無料)があります。

 

日本語の話せるスタッフがいます。ホテルはローカルエリアにあるので、ホテルの周りを散歩すれば、人々の暮らしぶりも見ることができますよ。

 

プリンスダンコール ホテル&スパ

シェムリアップ中心地に近い、2004年開業の5つ星ホテル。子供用プール・ベビーベッド(無料)があるホテルです。ラッキーモールやオールドマーケットが徒歩圏内です。

 

簡単な日本語がわかるスタッフがいます。部屋の説明書きが日本語で書かれていて、日本人観光客が多いホテルです。

 

サエム シェムリアップ ホテル

シェムリアップ中心地に近い、2013年開業のクメール建築様式の4つ星ホテル。子供用プール・託児サービス(有料)・ベビーベッド(無料)があります。

 

プールを囲むように部屋があり、こじんまりとしています。スタッフの対応がいいと、とっても評判のホテルです。

 

注意)ホテル情報については最新情報を更新していますが、行かれる際にはご確認することをおすすめします。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

この記事では、カンボジアのアンコール遺跡を見に行きたいという方に、シティアンコールホテルのこと、シェムリアップの日本語が通じるホテル、子連れファミリーにおすすめのホテルについてお伝えしました。

シティアンコールホテルは、立地的にはシェムリアップの中心部から離れていますが、改装されたばかり、バスタブ付きの広くてきれいな客室で、お休みすることができます。

 

日本語が通じるホテルは、

  • ソカ シェムリアップ リゾート&コンベンション
  • アンコールパレス リゾート&スパ

  • ソマデヴィ アンコール ホテル&スパ

 

子連れでも安心のホテルは、

  • シンタナ・サヤ・レジデンス

  • プリンスダンコール ホテル&スパ

  • サエム シェムリアップ ホテル

 

シェムリアップには1500軒以上ホテルがあり、サウナやスパを備えたリラクゼーションサービスも増えています。4つ星以上のホテルを選べば、快適なホテルライフを楽しむことができますよ。

 

アンコールワットの第3回廊は、急な階段があるため、子供や妊婦さんは入場できませんが、きっと子供たちにも心に残る旅行になるはずです。

 

観光とホテル滞在、両方とも満喫して、たくさんの思い出を作ってくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました