格闘代理戦争3rdシーズンを振り返ってみた。平田の強さの秘密とは?あいの今後に注目

格闘技 スポーツ

こんにちは。毒舌グラップラーのAJです。

格闘代理戦争3rdシーズンは平田樹選手の圧勝で幕を閉じましたが、平田選手、めちゃめちゃ強かったですよね。その強さの秘密はどこにあったのでしょうか?

今回、この記事では格闘代理戦争ファンを対象に3rdシーズンとは何だったのかおさらいし、優勝選手である平田選手、また注目選手であったあい選手にも迫りたいと思います。

この記事を読むことで格闘代理戦争3rdシーズンの中心選手のバックグラウンドを理解することができます。ですので、違った視点で試合を観戦することができますよ。

 

スポンサーリンク

格闘代理戦争3rdシーズンとは何だったのか?

関節技

格闘代理戦争3rdシーズンとは何だったのか?
私は「女子総合格闘技の壮大なプロモーション活動」だったと思います。

私自身、そんなに女子格闘技は詳しくなかったのですが、格闘代理戦争のおかげで以下のような知識が身につきました。

 

・湯浅麗歌子選手が世界柔術選手権4連覇もしているすごい選手であること
(結局、格闘代理戦争にはレベルが違い過ぎるという理由?で参戦しなかったのですが)
・女子総合格闘技はDEEP JEWELSに強豪が集まっていること
(青木真也さんが自分の推薦選手をDEEP JEWELSに発掘に行きましたよね)
・V.V Mei選手は今もなお現役でONEを主戦場に戦っていること
(Mei選手は今回女子格闘家のレジェンド枠で参加していました)

 

ですので、今はDEEP JEWELSの試合結果も気になってしまいますし、V.V Mei選手の試合も感情移入して見てしまっている自分がいます。
完全に格闘代理戦争の企画者・マッコイ斎藤の思うつぼですね。笑

 

格闘代理戦争では各陣営の推薦者が選手を教え導くシーンや練習風景、私生活のワンシーンを番組コンテンツとして配信しています。ですので、単純に総合格闘技の試合のみならず、出場選手がどのような思いでその試合に臨むのかという物語性を楽しむことができます。

そういった物語性を背景に女子総合格闘技イベントをうまく売り込まれたなという気がしています。この番組をきっかけに女子総合格闘技に詳しくなった人、私以外にもたくさんいますよね?笑

 

スポンサーリンク

格闘代理戦争3rd 平田選手の強さの秘密とは?

格闘代理戦争3rdは桜井マッハ速人推薦の平田樹選手がオール一本勝ちで優勝しました。
その強さの秘密は何なのか?というと個人的には「寝技に持ち込むための戦いの組み立て方」にあると思っています。

 

平田選手の試合を振り返ってみます。
1回戦は秋山推薦のパク・ボヒョン選手を腕ひしぎ逆十字、2回戦は佐藤ルミナ推薦のmio選手をチョークスリーパー、そして決勝では青木真也推薦の古瀬美月選手をV1アームロックと文句の付け所が無い圧勝劇でした。

もともと平田選手は柔道出身で参加者選手の中でも締め技は抜きんでたものがありました。
ですので、最終的なフィニッシュをグラップリングに持ち込むためにどうしたらいいのか、対戦相手ごとに細かくシュミレーションしていたと考えられます。

 

・強烈なパンチを叩き込んで、次も打撃で来ると見せかけてタックルでテイクダウンを奪う
・相手を金網に押し込み、膠着状態にする。ブレイクがかかり、相手が油断しているところに即座にタックルしテイクダウンを奪う
・打撃が得意なストライカーに距離を詰め、突き放そうとする相手の力を利用しての首投げでテイクダウンを奪う

 

いろんなバリエーションでテイクダウンを奪える(そして寝技に持ち込めば平田のもの)
それが平田選手の強さの秘密だと個人的には思っています。

雰囲気的にもチャンピオンになれる覇気をまとっていますので、ONEでも活躍してほしいですね。

 

スポンサーリンク

格闘代理戦争3rd あい選手には何が足りなかったのか?

KRAZYBEE推薦のあい選手。
上戸彩に似た美貌の持ち主で、番組内でも人気の選手でした。

そんなあい選手には何が足りなかったのでしょうか?
個人的には「勝ちパターンへのこだわり」が足りなかったのだと思います。

 

あい選手の初戦は100%と言ってもいいほどの内容でした。
もともとアマレス世界選手権でメダルを取るほどの実力者なのでテイクダウンしたらあい選手の土俵になります。
マウントポジションからのパウンド、嫌がるところで腕を取っての腕ひしぎ十字固めという理想の流れで勝利しました。
その流れが一番いいのです。

 

にもかかわらず、準決勝の古瀬戦では少し慢心したのか古瀬の土俵で戦ってしまいました。あくまでグラップリングで勝負をかけるための打撃であるべきなのに、勘違いしたのでしょうね。

今後、プロ選手として勝ち進んでいくためにはまずは「勝ちパターン」を確立させることです。せっかく同じジムで山本美憂というバックグラウンドや戦い方が似通った偉大な選手がいるので、組み立て方を徹底的にパクることから始めた方がいいと思います。

カリスマ性を持った選手ですので、今後が楽しみです。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか?
今回、格闘代理戦争3rdシーズンとは何だったのかおさらいし、優勝選手である平田選手、また注目選手であったあい選手についても分析してみました。

格闘代理戦争3rdシーズンでのプロモーション効果もあり、女子総合格闘技の認知度は上がったと思います。出場選手がどのような思いで試合に臨むのかという物語性が熱狂的なファンを作り出す一因となったと感じています。

優勝した平田選手の強さの秘密は「寝技に持ち込むための戦いの組み立て方」にあったと思います。ONEでチャンピオンになるために、グラップリングにさらなる磨きをかけていってもらいたいです。

あい選手は勝ちパターンを確立させることが先決だと思います。
大先輩である山本美憂選手をTTPする(徹底的にパクる)のが一番の近道だと思います。

The following two tabs change content below.

ajstyles

三度の飯よりプロレス・格闘技好き。 毒舌で、すぐに白黒つけたがる典型的なタイプ8男です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました