ハーブティーの効果的な飲み方や実感するまでの期間は?効果一覧も紹介

ハーブティーの効果的な飲み方や実感するまでの期間は?効果一覧も紹介 ハーブ

カモミールティーを夜中に1人飲んで癒やしの時間を楽しんでいる、アラフォー主婦です。

ハーブティーって、なんとなく体によいイメージはありますけど、効果的な飲み方など意識して飲んでいますか?

先日、友人に「TVで見たハーブティー、飲んでも全然効果でないんだけど?」「毎日飲んでも平気なの?」などいろいろ聞かれたので、私も改めて正しい知識を得ようと調べてみました。

この記事では、ハーブティーの効果的な飲み方やハーブティー種類による効果、どのくらいの期間で効果が出るのかなどを紹介しています。

この記事を読めば、あなたがどんなハーブティーを飲めば良いのか、効果が出るまでどれくらいの期間がいるのか、という疑問が解決しますよ。

スポンサーリンク

ハーブティーの効果的な飲み方はいれ方とタイミングが大事

ハーブティー 効果的な飲み方

ハーブティーを効果的に飲むには、ハーブティーの成分をしっかり抽出できるように淹れることと、飲むタイミングを意識してください。

ハーブティーの淹れ方

熱湯を準備します。

ティーポットにハーブとお湯を入れて3~10分待ちます。(ハーブの種類や、味の好みで変更してください)

フタを開けずにじっくり待ち、色や香りがしっかり出たら完成です。

ティーバッグのほうが、茶こし不要、ハーブの計量いらずで抽出時間も短めなので、初めての方におすすめです。

ハーブティーを飲むタイミング

次に、ハーブティーを飲むタイミングです。

飲むタイミングは、東洋の漢方と同じように食前や食間に飲むのがよいという説があります。

でも、個人的には、自分が飲みたい・飲みやすいと思うタイミングでよいと考えています。

○時に飲まなきゃ!○○の後で飲まなきゃ!とノルマみたいになってしまうと、それがストレスに感じることもあるので。

食事のあとなら、口をスッキリさせることができます。また、お風呂や運動の前後なども、水分補給のタイミングとして丁度よいですよね。

そんな感じで、1日に数回少しずつハーブティーを飲むのがおすすめです。

ただし、交感神経・副交感神経に関わる効果があるものは、飲む時間に気をつけるべきです。

夜寝る前に交感神経を元気にするハーブティーを飲んだら、眠りにつきにくくなるのでNG。

例えば、コーヒーはカフェインを含むから、安眠したいとき就寝前には飲まないですよね?

副交感神経を優位にして、リラックス・安眠などの効果を目的にするなら寝る前

交感神経を優位にして、朝のだるさをスッキリさせることが目的なら朝起きたとき

胃腸の調子を整えたり、ダイエット目的なら食後など。

あとは日中にも、3~4回に分けて飲むのがおすすめです。

 

スポンサーリンク

ハーブティーの効果が出るまでの期間はどのくらい?

ハーブティー 効果 期間

ハーブティーの効果が出るまでの期間は、3ヶ月を目安に考えてください。

そもそもハーブティーは薬ではありませんので、飲んですぐに効果が出るものではありません。

ちょっと話題がそれますが、私は低糖質・高タンパクな食生活に切り替えて体質改善するのに3年以上かかりました。

低糖質高タンパクな食事+プロテイン+鉄サプリでおこなったのですが、最初のうちは摂取目安量の半分以下でも胃もたれしてかなりキツかったことを覚えています。

普段から食べたり飲んだりしていないものは、消化吸収しにくい状態です。なので、自分の体に取り込むための準備期間が必要になります。

1ヶ月目は土台作り

1ヶ月目は、土台作りの期間だと割り切ってください。

ハーブティーの香りを楽しみながら、毎日飲む習慣をつけていく時期です。

今までジュースや甘~いカフェオレを飲んでいたのなら、デトックスして少しずつきれいになっていくイメージを持ちましょう。

とにかく結果を焦ってイライラしないようにしてくださいね。

2ヵ月目は変化を感じる時期

2ヵ月目になると、ハーブティーの効果を感じはじめる頃です。そういえば、最近○○の不調が減ったかも?など気付く人もでてきます。

効果を感じはじめたら、飲む回数(頻度)を減らしたり、お休みする日を作って大丈夫です。

逆になかなか効果を実感できない方は、デトックスに時間がかかるほど元の状態が悪かったんだと考えてゆっくり続けてください。

おいしく楽しく飲めていれば、体に合っているので大丈夫です。

3ヶ月目は効果を実感できる時期

3ヶ月目になると、コツコツ飲み続けた効果があらわれてくる頃です。

女性ならお肌のターンオーバーが28日周期だとか、聞いたことがあると思います。体の細胞もターンオーバーの周期があり、1周2周と繰り返すごとにハーブティーの効果を実感しやすくなってきます。

3ヶ月もすれば安定してきますし、ハーブティーを飲むのが楽しくて自然と毎日の習慣になっているはず。

そのままのペースで取り入れていれば、毎日を笑顔ですごせるようになりますよ。

スポンサーリンク

ハーブティーの効果一覧【手軽に買えるもの限定】

近所のスーパーでも買いやすい市販品があるハーブティーの効果一覧を紹介します。

カモミールティー

カモミールティーは、爽やかな甘い香りが副交感神経を高める働きをします。

リラックス・安眠・イライラを鎮めるなどの効果が期待できます。

味にクセがなく飲みやすいです。私も好きで、リラックスタイムに楽しんでいます!

ペパーミントティー

ペパーミントティーは、ス~ッとした香りをかぐだけでも、スッキリした気分になりますね。

胃腸の調子を整える、緊張をやわらげる、リフレッシュ、リラックス、乗り物酔いの予防などの効果が期待できます。

ロースヒップティー

ローズヒップはバラの花が咲いたあとの果実です。

ビタミンCがレモンの20倍と言われるほど豊富なので、美肌効果や免疫力の向上が期待できます。

独特の酸味があるので、ハチミツを加えたり、牛乳や豆乳で割って飲むのもオススメです。

ハイビスカスティー

クレオパトラも飲んでいたといわれる、鮮やかな赤い色がキレイなお茶です。

ビタミンC、リンゴ酸、クエン酸が豊富で、美肌効果やアンチエイジング効果が期待できます。

味や効果が似た、ローズヒップとブレンドした商品がよく売られています。

ルイボスティー

美容や健康によいとTVで紹介されていますね。マグネシウム、亜鉛、鉄などのミネラルが豊富です。

活性酸素の働きを抑えるので、シミ、しわ予防などの美容効果が期待できます。

また、便秘の解消や腸の調子を整える効果も期待できます。

安い商品は、薬の味がするなど独特のマズさを感じる人も多いです。

おいしく飲みたいなら、安さを重視せずにグレードが高い物を選んでくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

この記事で紹介したハーブティーの効果的な飲み方をおさらいします。

熱湯で淹れ、蒸らしてハーブティーの成分をしっかり抽出することと、目的とする効果に合わせて飲むタイミングを調節することが大事です。

例えば、以下のようなタイミングを狙うのがおすすめです。

  • 安眠効果⇒寝る前
  • 朝のだるさ解消⇒朝起きたとき
  • 胃腸の調子を整えたい⇒食後

続いて、定番ハーブティーの効果一覧です。

カモミールティーの効果は、リラックス・安眠・イライラを鎮める。

ペパーミントティーの効果は、胃腸の調子を整える、緊張をやわらげる、リフレッシュ、リラックス、乗り物酔いの予防など。

ロースヒップティーの効果は、美肌効果や免疫力の向上など。

ハイビスカスティーの効果は、美肌効果やアンチエイジング効果など。

ルイボスティーの効果は、シミ、しわ予防などの美容効果、便秘の解消、腸の調子を整えるなど。

ハーブティーの効果を感じるまでの期間は、3ヶ月を目安にしてください。

最初の1ヶ月くらいはなかなか効果を感じない人もいるので、無理なく根気よく続けることが大事です。

 

ノンカフェインで、様々な効果を期待できるハーブティー。

私のお気に入りは、カモミールティーの豆乳割りにちょっとだけハチミツを加えたものです。

夜、仕事も家事も全部終えたあとの癒やしの1杯を1人で楽しむのが幸せ♪

あなたも、お気に入りの香りで癒やされながら、楽しく体質改善するのに役立ててくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました