シェムリアップの観光地どこがおすすめ?治安はいい?カンボジア行きの直行便はある?

海外旅行

毎週日曜日の夕方に放送されている「世界遺産」が大好きな、アラフィフトラベラーのしんりです。

 

2019年1月に2冊目の10年申請パスポートの有効期限が切れました。この20年で出かけた国が25か国になりました。

 

いろんな国の世界遺産を見ていると、歴史があって、当時の生活があって・・・現実から遠く離れた時代を想像するのって楽しいですよね。

 

その時代にここで生まれていたら・・・って思うことはありませんか?

 

この記事では、私が実際に見てきた国、カンボジアのシェムリアップをご紹介します。

 

・シェムリアップのおすすめ観光地は?

・シェムリアップの治安は大丈夫?

・シェムリアップ空港行きの直行便はある?

 

についてまとめてみました。

 

これを読めば、初めてカンボジアを訪れたいと思っているあなたの、強い味方になると思います。

 

「一度は見ておきたい世界遺産」の特集では必ずランクインしているアンコール・ワット、海外旅行の行き先候補の1つにしていただけたら、と思います。

 

スポンサーリンク

シェムリアップのおすすめの観光地は?

シェムリアップは、カンボジア北西部にある小さな町。町の北にはアンコール遺跡群が点在し、東にはロリュオス遺跡群、南にはアジア最大のトンレサップ湖が広がっています。

アンコール・ワット

12世紀前半に建てたれた、すべて石造りで左右対称の巨大な寺院は、クメール建設の最高傑作と言われています。ヒンドゥー教の神様ヴィシュヌ神が祀られています。

 

内戦が続いたカンボジアでは、アンコールワットも無残に破壊されましたが、日本国政府アンコール遺跡救済チームが修復を手助けしました。

 

その時日本人チームが履いていたのは地下足袋。「これは石の上でも滑らない!」と、カンボジアの人々がとても感動したそうです。

 

現在、カンボジアで売られている靴下の主流は、親指だけ分かれている二股タイプ。地下足袋に感激したカンボジア人が「こりゃぁいい!」と売り出した・・・のかもしれませんね。

 

アンコール・トム

1辺3Kmの城壁に囲まれた城塞都市。中央に位置するバイヨン寺院は12世紀後半に建てられた大乗仏教寺院です。

 

寺院内の、四方を見渡す49基の塔には観世音菩薩像が彫られているんですが、その1つが日本人にとっても人気なんです。

 

誰かに似てませんか? 彼女はカンボジアの「京唄子さん」です。・・・京唄子さんを知らない?・・・「渡る世間は鬼ばかり」の岡倉家の五女・長子の姑を演じてた方ですよ~。

 

1つ1つの仏像の表情が違うので、見ているだけで和やかな気分になりますね。

 

タ・プローム

12世紀末に仏教寺院として建てられた遺跡で、発見当時に近い状態になっています。

 

アンコール王朝の衰退とともに忘れ去られ、数百年の間ガジュマルの木に覆われていた遺跡は、樹木が食い込み、遺跡を破壊しているのか、遺跡を支えているのか判らなくなっています。

 

映画「トゥームレイダー」の撮影が行われた場所で有名になりました。

 

アンコール遺跡は60以上もあり、見どころがたくさんあります。精密な彫刻や美しいレリーフがたくさん残っていて、優美な女神のデヴァダー像は必見!です。

 

シェムリアップは1年中、最高気温が30℃を超えるので、無理のないスケジュールで観光されてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

シェムリアップの治安はどう?

カンボジアは1970年から1993年まで内戦状態にありましたが、現在は「カンボジア王国」として、治安的には安定しています。

 

どこの国に行ってもそうなんですが、

  • 手荷物を身体から離さない
  • 人混みの中では荷物を抱きかかえて歩く
  • 歩きスマホをしない
  • 夜間に出歩かない
  • 大通りから外れた道に入らない

 

安全対策は怠らないように、常に気をつけてくださいね。私はホテルのスーツケースも、ワイヤーロックでベッドなどと固定して外出します。

 

スーツケースごと盗まれる、ナイフで切り裂かれて中身を取られるなんてことは、珍しいことではないんです。自分を守るためには、少し高くても、セキュリティが安全なホテルを選びましょう。

 

シェムリアップは観光客が多く、首都プノンペンよりは治安がいいと言われていますが、観光客を狙った犯罪も多発しています。スリや置き引きなどには気をつけてくださいね。

 

それから、安全が確保されていないエリアには立ち入らないように気をつけてくださいね。地雷が完全に撤去されていないエリアも残っています。

 

 

スポンサーリンク

シェムリアップへの直行便はあるの?

カンボジアの航空会社が今年2月から、成田⇔シェムリアップ定期便を就航させるというニュースがありましたが、現在は延期となっているため、シェムリアップへの直行便はないんです。

 

シェムリアップに行くには、成田からカンボジアの首都プノンペンへの全日空直行便(1日1便)で行き、国内線でシェムリアップに向かう、またはバンコック(タイ)やハノイ(ベトナム)などを経由して、シェムリアップに入ることになります。

 

GWやお盆休み、年末限定で、HISなどの旅行会社がチャーター便を出すことがあります。乗り継ぎがないので楽ちんです。

 

私は名古屋からチャーター便で行きましたが、ホテルも観光地も日本人だらけの状態で(笑)、海外にいる気分が半減しちゃいました。

 

町の中心から約6kmのところにあるシェムリアップ国際空港は、平屋建ての小さな空港です。飛行機からタラップで地面に降り立って、歩いてイミグレーションに向かいます。

 

現在、市内から50km離れた場所に新空港が建設中ですが、2~3年後と完成予定ははっきりしていません。

 

個人的には、平屋建ての飛行場ってローカル感満載で素敵だと思うんですが、増え続ける観光客の対応には仕方がないですよね。どんどん近代化されていくのは、便利になる反面、古いものが消えていく寂しさもありますね。

 

スポンサーリンク

まとめ

この記事では、カンボジアのアンコール遺跡を見に行きたいという方に、シェムリアップのおすすめ観光地と、治安、日本からの直行便についてをお伝えしました。

 

おすすめの観光地は、アンコール・ワット、アンコール・トム、タ・プローム。テッパンですが外せない、絶対に見ておきたい観光地です。

 

治安は、安全対策を怠らなければ、問題ありません。人混みでのスリや置き引きには十分気をつけてください。

 

シェムリアップ空港行きの直行便は、現在ありません。乗継便を利用になります。

 

私はシェムリアップを観光し、クメール建設の素晴らしさだけではなく、内戦の爪痕や、そこから立ち上がろうとする人々の逞しさも見ることができました。

 

日本が建設した小学校でマンゴの木を子供たちと一緒に植樹し、現在ではマンゴを収穫して町で売り、文房具を購入しているとのこと。

 

時の流れ、時の力を感じることができるシェムリアップ観光、機会があればぜひ行ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました